ベビーシッターのデメリット

ベビーシッターは、1日2時間程度からお子様を預けることが出来るため、急な用事ができた際に活用される方が多いです。そのほかにも家まで来てくれるので、時間を削減できたり様々なメリットがあります。しかし、メリットだけでなくデメリットもあり、デメリットとして挙げられるのが金銭面に関することです。ベビーシッターを利用する際は、シッターの時給分を払えばいいだけではなく、そのほかにも様々なことに費用がかかります。

例えば、シッターを派遣している会社へ入会金や年会費、シッターが自宅に来るまでの交通費、夜間や休日料金が別途にかかってくるなど、支払わなければいけない費用が多いです。もしも、保育園の代わりに全ての時間をベビーシッターに変えるとなると、十数万円から二十万円程度費用がかかかってしまいます。そのため、どうしても外せない用事や保育園の営業時間外のみ利用される方が多いようです。もちろん、ベビーシッターにかかる費用は会社によって異なり、中には比較的やすい費用でシッターを派遣しているところもあるようです。

さらに、賠償責任保険に加入しているかどうか、時間に正確か、報告書もきちんと作成してくれるか、教育方針に納得できるかなど様々な点から安全性を確認することが大切です。メリットだけでなくデメリットを知ることはベビーシッターを選ぶ際に非常に大切です。このようなデメリットを考慮して、シッターを派遣している会社を選びましょう。

Filed under: 二宮, 掃除, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website