大阪でのベビーシッターの必要性と資格について

大阪府では、核家族化やひとり親家庭、待機児童の増加が深刻な問題となっていて、ベビーシッターの必要性も高まっています。しかし、近年、無資格のベビーシッターによる事件が多発するなど、サービスを利用する人の信頼を得て、安心して利用してもらうことが大切になってきています。そのため、資格を持っているということが、信頼や安心につながることになります。2017年7月現在では、ベビーシッターになるために資格ば必要ありません。

しかし、実際に働くためには、職業倫理や知識、技術を身につけていることが必要です。そのため、民間資格である認定ベビーシッター資格または、保育士や幼稚園教諭の資格を取得していることが望ましいといえます。これらの資格を取得し、会社に登録して、契約社員として働くというルートが、一般的に知られています。資格を取得する1つの方法として、認定ベビーシッター資格取得指定校指定とされた学校で取得するというものがあります。

大阪では、9つの大学で取得することが可能です。大学のパンフレットを取り寄せたり、オープンキャンパスに行ったりして、情報収集をして自分にあった大学を見つけることが大切です。資格を取得するもう1つの方法は、全国保育サービス協会の主催する、決められた研修を受講し、試験に合格することです。また、こちらの方法は実務経験を有していることも条件となっています。

大阪は、この資格試験の試験会場となっています。

Filed under: 家事代行, 生活/暮らし, 茅ヶ崎Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website