夏だから、もつ鍋を食べる!その魅力とは

by:

通販食品/飲食

あつあつのお鍋料理は、夏場には遠慮しがちになりますが、もつ鍋の本拠地博多では、むしろ夏こそもつ鍋の需要が高まるのです。冷たいビールに合うというのも、もちろん理由の一つです。食欲が落ちる夏場にこそ食べたい理由があるのです。夏場はどうしてもあっさりしたもので済ませてしまいがちですが、胃液が薄まっていると、活力がでません。

水分を多く取るので、体はむくんでいるので、熱いものを食べてしっかりと汗をかくことが良いのです。もつ鍋には、唐辛子やにんにくが入っているので、発汗作用があります。汗をかくと新陳代謝が高まって美容にも良いのです。それと不足しがちな野菜を多くとれるのも魅力です。

ニラやキャベツ、玉葱、ゴボウなど、鍋に入れる前には、こんな大量の野菜を食べられるわけないと思ってしまいますが、もつ鍋に投入すればあっという間に量が減りますので、思った以上に入ってしまいます。ニラにはビタミンB1がたくさん入っているので、夏の疲労回復にはもってこいなのです。またもつ鍋の主役であるホルモン肉には、鉄、亜鉛、銅というミネラル成分が豊富で、汗と共に体内のミネラル成分が出てしまう夏場の栄養補給にピッタリです。ニラや、ホルモン肉の疲労回復効果を味わうためにも、夏場にこそ味わいたいお得素材の宝庫です。

スープも最近では様々な種類が出回っているので、醤油味噌に限らず、チゲ風や豚骨スープなど、締めの麺類(ちゃんぽんめんがお勧めです)との相性もばっちりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です